運動と栄養管理でメタボを解消

メタボの特集を組むテレビや雑誌など、最近増えましたよね〜。
内容的には肥満、高脂血症、高血糖症、糖尿病、高血圧などを盛り込んだ特集が多いですが、これらの症状を複合した状態を「メタボリック症候群」と言います。
これが所謂皆さんが俗に言うメタボの正体です。

原因は内臓脂肪型肥満、脂質代謝異常、糖代謝異常、血圧異常などが挙げられますが、これは決して珍しい病気では無く、男性であればへそ周りが85cm以上、女性で90cm以上の人は完全にメタボリック症候群と診断できるでしょう。
測るやり方は、誰でもできるので、まずはこの数値を基準に自分で測ってみてくださいね♪

では解消法はあるの??という疑問にぶち当たりますが、これは「ある」とはっきり断言できると思います。
メタボの主な原因は食べ過ぎと運動不足。
誰もが知ってる原因だと思いますが、正直これしか原因は無いんです。
いわゆる、不摂生というやつですね…。
普段の食事と、運動量が伴っていないので内臓脂肪が付いてしまうという誰もが知ってる原理からくるものです。

と、いうわけで「運動と栄養管理でメタボを解消しよう!」という提案しかできないのが本音です(笑)

簡単に言うとダイエットなのですが、これをせずに症状が進むと血液中のコレステロールや中性脂肪が増えてしまい動脈硬化の原因になります。
動脈硬化が起きるとEDなどの様々な症状が併発します。
メタボって意外とこわくありませんか…??

↑ ページの上部へ